ロボットで楽しもう!

東大の汗をかく&腕立て伏せするロボット・ケンゴローに世界仰天


東京大学の研究チームが、汗をかきながら腕立て伏せをするヒューマノイドロボット・ケンゴロー(kengoro)を公開。アイトリプリイー(IEEE、米最大の電気工学・電子工学技術学会)などが取り上げ、世界的な話題となっている。
 ケンゴローの身長は170p、体重は56s。人間のような自然な動作を実現するため、108個のモーターが取り付けられている。
本来、モーターは熱を発するため冷却装置が必要だ。しかし、冷却ファンを取り付けると、どうしてもロボットが重くなって動きも鈍る。そこで研究チームは、人の皮膚からアイデアを着想。ケンゴローの金属製フレームは3Dプリンタで製作されているが、内部に蜂の巣状の空洞を作り、水が透過するようにした。
ロボットのモーターが熱を発すると、保存された脱塩水が金属製フレームの外に発散される。つまり、汗をかくような状態になるのだが、この汗は人のようにふき取る必要がなく、すぐに蒸発する。

 研究チームは、ケンゴローの冷却システムをテストするため、11分間にわたり腕立て伏せをさせた。その間、ケンゴローのモーターは正常に作動した。動画を見た海外の人々からは「ターミネーターを見た」と、驚きの反応が相次いだ。
ROBOTEER より
posted by アトムペペ at 06:49 | 人型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金網も自由自在に上る自律型ロボット・ゴーストミニトール


米ゴーストロボティクス(Ghost Robotics)社が開発しているロボット・ゴーストミニトール(Ghost Minitaur)」。この4本足の自律型ロボットは、あらゆる場所に移動することができる。動画内では、金網を登る姿も撮影されている。今後、人命救助などの任務に使われと予想されている。
              ROBOTEERより
posted by アトムペペ at 06:51 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロボットを動かす回路まで特殊な液体状の素材でできているタコロボット


ハーバード大学が開発している「Octobot」は、その名のとおり、見た目はタコのような手のひらにのるサイズのロボットで、触るとぷにぷにするやわらか素材が使われていて、ゆっくりカラダをくねらせながら動き回る。ロボットを動かす回路まで特殊な液体状の素材でできているので、ぎくしゃくした動きにならないのが特徴だという。
作り方もこれまでのロボットとはまったく異なり、3Dプリンターで出力したタコ形のボディの中に針を使って少しずつ液体状の回路を注入していくという方法が使われている。ロボットを作るというより、新しい生命体を作る手術のようだ。

さらに動力源もユニークで、消毒に使われるオキシドールと同じ過酸化水素をもとにした液体燃料でガスを発生させ、それをチューブ状になっている回路の中に送り込んで動かすというもので、電気はまったく使われていない。そのためか動きも独特で、カラダをゆっくり膨らませたり縮ませたりしながら、コントローラーなどを使わず自分で動き回ることができる。
                        ガジェット通信より
posted by アトムペペ at 06:41 | 生物型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子犬のようにちょこまか動くロボット犬


ボールを転がしてやると、受け止めて蹴り返してくれたりする

「Hey, CHiP!」と話しかけると「ワンワン!」とほえて音声認識モードに。映像ではここで「Sit down!」「Yoga!」と英語で命令しているが、製品版では日本語を認識するようになるという

バッテリーが少なくなると、自動で「スマートベッド」に戻って充電する

日本ではソフトバンクのもの作り支援プラットフォーム「+Style」(プラススタイル)のショッピングコーナーで販売しており、2016年9月末以降のお届け予定。価格は2万9800円(税込)で予約を受け付けている。
ITmedia life style より
posted by アトムペペ at 09:21 | トイロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは楽しめそう!! スケートボードを高速化するロボット・キックスティック爆誕


Kickstick video at the Worlds Fair from Kyle Dell'Aquila on Vimeo.


スケートボードを、自動車のように高速にしてくれるロボットスティックが開発され、注目を集めている。ロボット開発企業・ライズロボティクス(Rise Robotics)が開発したキックスティック(Kicstick)だ。

 使用法はいたって簡単。一般的なスケートボードに乗ったまま、片手でキックスティックを握り、車輪部分を地面に向ける。そして、ボートのパドルのようにスライドさせるだけだ。すると、キックボードに乗った人はロボットの動力で50km / hまでスピードを出すことができるという。

                      ROBOTEER より
posted by アトムペペ at 10:08 | トイロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛らしい! 一緒に遊んで成長するロボット


人間の声に反応し、付属のスマートバンドを手首に装着している人を飼い主として認識する。
付属のスマートボールを使えば、本物の子犬のように一緒に遊ぶこともできる。
部屋に戻ればドアの前でお帰りと言う様に吠えて迎えてくれるし、愛嬌を振りまくこともできる。
そして、最も特徴的な機能は、飼い主が躾けたり芸を仕込んだりして学習させることができることだ。
そうして賢くなる度に、ご褒美のバッジを獲得することができる。
また、『Meet CHiP』がしたことを気に入れば、スマートバンドの「いいね」ボタンを押し、行儀が良くなるように躾けることができる。
しかも、犬の声で吠えたり鳴いたりする『Meet CHiP』だが、スマートフォンで翻訳できるため、「遊びたい」といった気持ちを表現していることも分かるのだ。
                       FUTURUS(フトゥールス)より
posted by アトムペペ at 10:09 | トイロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これはビックリ サンショウウオ型ロボット

https://www.youtube.com/watch?v=7z_62DWKf7Q



見た目はお世辞にも愛らしいとは言えず、不気味ですらある。だがロボット工学のプロに言わせると、サンショウウオほど合理的な動作の生物は他にないという。
サンショウウオは両生類。言い換えれば水陸両用だ。しかも泳ぐ時も歩く時も、その基本ムーブは一切変わらない。
そんな生物の頭にカメラでも搭載すれば、あらゆる地形を細かく調査することができる。ロボットの基本設計にサンショウウオの骨格を採用したことは、決してクレイジーな選択ではないのだ。

「生物の進化」を再現

このロボットは、考古学の分野においても大きな注目を浴びている。
地球上のすべての生物は、もとをただせば海から発生している。微生物が海中植物になり、魚になり、そしていつの間にか陸上に移った。この時、海の生物がどのように陸への第一歩を果たしたのかをロボットが再現してくれるかもしれない。
そうした面での活用も、今後期待されている。
                             FUTURUS(フトゥールス)より
posted by アトムペペ at 09:57 | 生物型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バナナで転んでも起き上がる、Boston Dynamicsの「お手伝い4足ロボット」


有名なロボットメーカーBoston Dynamicsが、最新ロボット「SpotMini」の動画を公開した。重量約25kgの4足歩行ロボットで、電気のみで動作する。

SpotMiniは、Boston Dynamicsがこれまで開発したロボットのなかで最も静かなロボットだ。同社のこれまでのロボットは、ガソリンエンジンや油圧制御システムを利用しており、バイクやチェーンソーのような音がするため、屋外でしか利用できなかった。例えば、大型の4足歩行ロボット「AlphaDog」(日本語版記事)は、米海兵隊が2015年に運搬用ロボットとしてテストを行ったが、戦場で利用するには音が大きすぎると判断された。

これに対して、SpotMiniは家の中で活動し、階段を上ったり、テーブルの下をくぐったりしている。さらに、キリンの首のように見えるアーム部分でさまざまな仕事をこなすことができる。飲み物をとってきたり、お皿を洗ったりしているのだ(といっても、お皿をシンクから食器洗い機まで運ぶだけだが)。
WIREDより
posted by アトムペペ at 06:48 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これはビックリ! めざましい進化を遂げる最新ゴキブリロボットが魅せる驚異の跳躍力!


■1.6mの障害物を飛び越る“ゴキブリロボット”
 すばしっこく這い回り、どんなに狭い隙間にも入り込んで垂直の壁も易々とかけ上り、時には羽ばたいて宙を舞う……。まさに万能選手ともいえる“ニクイ奴”であるゴキブリだが、さらに大ジャンプという優れた身体能力が加わればまさに鬼に金棒だ。
 しかしご安心あれ。この大ジャンプ力を獲得したのは、ゴキブリはゴキブリでもゴキブリロボットである。先日、カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが公開したゴキブリロボット「JumpRoACH」は、驚異の跳躍力を持った小型ロボットだ。



■2台1組の“協力プレイ”で段差を越えるゴキブリロボット
 実はこのカリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、これまでもいくつかの“ゴキブリロボット”を作ってきたのだが、ここ最近は障害物を越えることをテーマにロボット作りのアイディアが練られていたようだ。以前にも、段差を越えることができるゴキブリ型ロボット「VelociRoACH」が作られている。
                               おたぽるより
posted by アトムペペ at 11:13 | 生物型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは便利! 家事を短縮!ロボットアームが洗濯物をたたんでくれる家電が登場


アメリカ・サンフランシスコの会社が開発したFoldiMateは、シャツをセットするだけでロボットアームがきちんとたたんでくれるという優れもの。

まず洗濯が終わったTシャツやポロシャツなどを、挟んで次々にセットします。
あとはスイッチを入れれば、数分できちんとたたまれた洗濯物がトレーに乗って出てきます。
                                IRORIOより
posted by アトムペペ at 11:07 | 掃除ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。