二足歩行ロボットがついに森デビュー!歩き方がまるで忍者 ロボットで楽しもう!

二足歩行ロボットがついに森デビュー!歩き方がまるで忍者


片足の状態で重い球をぶつけられても、手のようなものを動かして平衡を保ち決して倒れることはない。
そして最後が森の中を分け入って行く姿。
倒木も転がり地面も平らではなく、多くの障害物があるにもかかわらずぐんぐん進んでいく。その姿はまるで忍者のようにも見える。

水圧方式で稼働する28か所のジョイント
「アトラス」には28カ所の水圧方式で作動するジョイント部分と、立体的に捉える視覚カメラがあり、それらがプログラムによって制御されバランスを保つことを可能にしているという。

そのプログラムは「Florida Institute for Human and Machine Interaction」の研究者たちが開発。彼らによればチーターのスピード、馬のような耐久性、サルのような身軽さ、人間のような多様な動きを目指して作り上げたそうだ。

また3.7キロワットのリチウムイオン電池のバッテリーパックを内蔵しており、立ったり移動したり、道具を使ったり他の動作をしたりして、1時間近くも稼働できる。

確かにこれはかなり人間に近い動きをしている。今後もこれに負けない、さらに進化したロボットが登場することを期待したい。  
                       IRORIO(イロリオ)より
タグ:アトラス
posted by アトムペペ at 17:03 | 人型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。