Arduinoで制御する5軸のデスクトップロボットアーム「Maximo」 ロボットで楽しもう!

Arduinoで制御する5軸のデスクトップロボットアーム「Maximo」

「Maximo」は、工場の組み立てロボットを模したデスクトップロボットアームで、5軸制御と自由度の高い動きが可能ながら、265カナダドル(約2万3500円)からと安価な点がウリだ。
Maximoの本体はアクリル製。部品点数225個のキットで提供されるが、組み立ては容易で、プラスドライバーがあれば初心者でも3時間ほどで組み立てられるという。アームの先端に装着するモジュールとして、グリッパータイプのものが標準で付いてくるが、オプションで購入すれば、丸いものや小さなものもつかめる上級グリッパータイプ、貨物を載せる荷台タイプやペンホルダータイプとも交換可能だ。キットには詳細な組み立てマニュアルのほか、ロボットアプリケーションを作成するための開発ツール「Microsoft Robotics Studio」の無償ライセンスも含まれる。Maximoを使ってロボット制御について学ぶカリキュラムも用意している。
Maximoの動画
                            fabcrossより
posted by アトムペペ at 07:04 | トイロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。