楽しめるロボット 二つ ロボットで楽しもう!

楽しめるロボット 二つ

4通りに組み替えられるお絵描きロボット「mDrawBot」

mDrawBotキットで作れるmSpiderというロボットは、まさにその機構を再現したもので、ホワイトボードなどを利用して、利用後に消去するような告知バナー的な用途に使うこともできる。
それだけでも十分に魅力的だが、実際にはそこに留まらず、普通に平面に絵が描けるmScara、タマゴやピンポン球のような小さな球状のものの表面に描画可能なmEggBot、そして自走しながら軌跡としてイラストを描くmCarを含む、計4種のロボットが作れるのだ。
                           ニューズウィークより

実は戦車か!? AI対戦も楽しめる画期的な多機能“スマホラジコンカー”が注目を浴びる

気鋭の玩具メーカーWowWeeが開発したこのR.E.V.はRobotic Enhanced Vehiclesの略で、文字通りロボット技術を駆使したこれまでにない多くの機能を備えたラジコンカーなのだ。
 2台1組で販売されているこのR.E.V.だが、2人でレースを楽しむことはもちろん、車両をAIキャラクターに操縦させて一人でもレースや様々な対戦を楽しめるという画期的なラジコンカーである。つまりレースゲームの世界を実際のラジコンカーで楽しめるということだ。
iOS(8以降)またはAndroid(4.4.3以降)のアプリによって、スマホと車体をBluetooth経由で連携させ、操縦はもちろん様々な設定が行なえる。AI対戦の場合はAIの強さや装備を選択することも可能だ。最大16台が同一のレースや対戦に参加できる。
マシンガンやプラズマ砲など、スマホの設定画面で装備する武器を選ぶことができ、地雷の敷設や航空機爆撃のパプニングも設定できるという。攻撃が命中した際には、車体はダメージを受けた反応を示し、正面から撃たれれば後ろに後ずさりし、左から攻撃されてば右方向に揺さぶられるといったことも正確に再現される。
                          おたぽるより
posted by アトムペペ at 10:19 | トイロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。