びっくり動画 2例  MOTOBOT KIROBOMINI ロボットで楽しもう!

びっくり動画 2例  MOTOBOT KIROBOMINI


MOTOBOTの最大の特徴は、搭乗するバイクに一切の改造を加えず、ロボットの操作のみで制御の難しいオートバイの運転を行うことだ。操作は人間が搭乗する際と変わらず、ハンドル、アクセル、ブレーキ(前後)、クラッチ、シフトの各操作を行える。
 現時点では自己判断による人間のような完全な自律運転は実現しておらず、内蔵するジャイロや加速度センサー、カメラなどで外部の情報を取得し、オペレーターによる遠隔操作にて走行する。ただ、オペレーターが指示するのはロボットに搭載されたカメラの映像を見て「右に曲がる」「左に曲がる」など簡単な内容にとどまっており、指示に対してどのようにアクセルやブレーキ、クラッチ、ハンドルを操作するかの判断はロボットが行う。
同社は開発ロードマップとして、「2015年中の最高100km/h直進走行、スラローム走行、旋回走行」「2017年に人間の運転を上回るパフォーマンスの要件を解明し、最高速度200km/h以上でのサーキット走行を実現する」を掲げている。
 現時点のMOTOBOTは「Ver.1」と名付けられていることもあり、走行制御にも改良の余地が大いにあるという。最たるものがハンドリングで、MOTOBOTはオートバイの運転で一般的な体重移動(重心移動)が行えず、コーナリングに際してハンドルを切るだけの操作しかできない。
            MONOistより


話し相手の表情やしぐさなどを認識して会話が楽しめる、手のひらサイズのコミュニケーションロボットだ。
一生懸命おしゃべりする「KIROBO MINI」がメチャクチャ可愛くて、癒されること間違いなし!
                     オートックワンより
posted by アトムペペ at 07:15 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。