人工知能利用の自動運転デモ ロボットで楽しもう!

人工知能利用の自動運転デモ


こんにちは。Preferred Networksの自動運転チームです。

PFNは、2016年1月6日〜1月9日にアメリカのラスベガスで開催されたCES 2016でロボットの学習による自動走行のデモを行いました。これはPreferred Networksとトヨタ自動車様、NTT様との共同展示です。展示はトヨタ自動車様のブースの一部で行われました。

今回のデモで使用したロボットカーとステージは以下の様なものです。

ロボットカーの大きさ
縦幅43cm, 横幅20cmの車両を利用しました。
写真のようにシルバーのプリウスのカバーを付けました。car1
ロボットカーのモーター
左と右のタイヤにそれぞれモーターがついており、タイヤの回転の強弱を調整することで、車の速度と角速度を決めることができます。
ロボットカーのARマーカー
各ロボットカーの屋根にはユニークなARマーカーが貼り付けられています。ステージの真上に設置されているカメラでこれを撮影し、サーバー上で動いているシミュレータと同期を取ります。なお,強化学習の入力には車の位置は与えません(現実の問題では使えません。また位置情報が使えると問題はとても簡単になります。)。このARマーカーによる位置情報はライダーのシミュレーション、報酬計算のみに利用されます。

今回のデモの中で,学習で獲得された走行技術は人間が良いと思っている走行とは異なる場合があることがわかりました。例えば,ロボットカーは周囲を全て同時に集中して見ることができるため、前方向と同じように後方向にも躊躇なく移動します。そのため,交差点では車両間隔をあけるために後ろがあいているなら少し後ろに下がります。
今回のデモは実際の車ではありませんでしたが、人間よりもリッチなセンサを載せた車で、できるだけ早くより安全な走行を実現できるように研究開発を加速させていきたいと思います。
また、今回のCESデモ出展に関して、トヨタ自動車様とNTT様をはじめ、様々な方々からのご協力を頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。
                              Preferred Networksより抜粋
posted by アトムペペ at 06:40 | ロボットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。