人間とドラムを共演する装着型ロボットアーム、米ジョージアテックが開発 腕が1本増えた!!! ロボットで楽しもう!

人間とドラムを共演する装着型ロボットアーム、米ジョージアテックが開発 腕が1本増えた!!!


3本の腕を持つサイボーグドラマーが誕生ーー。演奏者の肩にロボットアームを取り付け、合計3本のスティックでドラムを叩くことのできるウエアラブルロボットを、米ジョージア工科大学(ジョージアテック)音楽技術センターの研究者が開発した。
 人間が演奏している音楽のビートとリズム、それにドラマーの動きから、音楽に合わせて即興演奏ができる。ミュージシャンがゆっくり演奏すればロボットの動きも遅くなり、速くドラムを叩けばロボットのテンポも速くなる。人間では不可能といわれる毎秒20回の速さでドラムを叩くことも可能だという。
                             ニュースイッチより
posted by アトムペペ at 11:14 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。