ロボットで楽しもう!

トランスフォーマーのように変形するRV車がモーターショーに登場!!


車がロボットに変形するのは、オモチャや映像の中だけだとお思いの方が多いのではないだろうか。少なくとも筆者はそう思っていた。しかし! 韓国の自動車会社が、なんとそれを現実の世界でそれをやってのけたのだ。
                         ロケットニュース24より
posted by アトムペペ at 15:57 | 変り種ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が「犬型ロボット」、猫が「猫型ロボット」に出会ったら?



Boston Dynamics社の犬型ロボット「Spot」と、本物の犬が初めて出会った。その反応は、猫ロボットに対する猫の反応とはだいぶ違うようだ。ネズミロボットやタカロボットについても紹介。
WIREDより
posted by アトムペペ at 15:54 | 生物型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間とドラムを共演する装着型ロボットアーム、米ジョージアテックが開発 腕が1本増えた!!!


3本の腕を持つサイボーグドラマーが誕生ーー。演奏者の肩にロボットアームを取り付け、合計3本のスティックでドラムを叩くことのできるウエアラブルロボットを、米ジョージア工科大学(ジョージアテック)音楽技術センターの研究者が開発した。
 人間が演奏している音楽のビートとリズム、それにドラマーの動きから、音楽に合わせて即興演奏ができる。ミュージシャンがゆっくり演奏すればロボットの動きも遅くなり、速くドラムを叩けばロボットのテンポも速くなる。人間では不可能といわれる毎秒20回の速さでドラムを叩くことも可能だという。
                             ニュースイッチより
posted by アトムペペ at 11:14 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機能的に人間の手を模倣したロボットハンド 本当に人間の手のよう!!!


ワシントン大学の研究者が、おそらくこれまでで最も人間の手の構造と機能を再現したロボットハンドを開発しました。人間の手といえば、骨のまわりを筋肉や腱が複雑に取り囲み、さらに神経や血管組織が張り巡らされています。
研究者は、まず献体者の手をレーザースキャンしてその骨格を3Dプリント。それをそのままロボットハンドの内骨格としました。とくに手のひらの付け根にある手根骨から別れるしくみは、人間同様の柔軟な手のひらのを構成しさらに親指の可動範囲を拡大しています。主に外観から人間の手を再現しているロボットの手の場合、手のひらの部分から指が伸びているため、特に物をつかむ動作で指の自由度が人間に劣っていることがよくわかります。
ほかにも手の動きを再現するために靭帯や腱の機能も人間の手をを模して作ってあり、手首部分の10個のサーボによって、リアルな動きを再現します。
このロボットハンドは将来的に筋電義手としての利用が考えられており、研究者は周囲を生体組織で覆い、脳からの動作で動作するようにしたいと考えています。もしこれが実現すれば、いわゆる人体の本格的なサイボーグ化も可能になるのかもしれません。
                            Engadgetより
posted by アトムペペ at 11:11 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更に進化したatlas 本当に人間らしくなった!!!


ヒト型ロボットAtlasが山野を自律歩行。BostonDynamics恒例「いじめタイム」にもめげず作業に励む
新しくなった Alras ロボットの特徴は、小さくなってケーブルが取れた以外にも白い外装パネルをまとったところがあげられます。これによって清潔感と若干の ASIMO 風味を獲得し、より親しみやすくなりました。あとは頭部のデザインがどう進化していくのかに注目したいところです。
                             Engadgetより
posted by アトムペペ at 11:07 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまりの完成度に会場騒然!? ロボギャグ30連発 これは面白い!!!


イベントでも披露されたロボギャグがご自宅で楽しめる!
様々なイベントでロボギャグを一部先行披露していたPepper。文字通り、スベリを恐れない“鋼の心臓”っぷりを見せつけてくれました。
芸術ユニット「明和電機」が催したイベントでは、できたてホヤホヤのロボギャグを惜しげもなく披露。司会の陣内智則さんからのツッコミに臆することなく繰り出される怒濤のロボギャグ30連発は必見です。
                              ソフトバンクより
posted by アトムペペ at 11:01 | 人型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「E.T.」似のキモ可愛い家庭用コンパニオンロボット「Robit」


Robit IGG Clip from shlomo schwarcz on Vimeo.


Robitは、3つの車輪で移動する家庭用ロボット。超音波センサやジャイロスコープ、加速度センサ、電子コンパスにより、家のなかを自律走行する。上下左右に向きを変える頭を持ち、大きな2つの目は8×8のLEDマトリックスでさまざまに表情を変える。残念ながら、E.T.と違って器用な手は備えていない。

 スピーカとマイクを搭載し、音声でやり取りできる。無線LAN(Wi-Fi)とBluetoothに対応しており、インターネット接続、スマートフォンやタブレット、PCからの制御が可能。
                                 CNET Japan ニュースより
posted by アトムペペ at 10:55 | トイロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

78本指のロボットギタリスト


本来コードやリズムは数学的なものなので、0か1かのようにコード化されるのにも適している。このプロジェクトに携わっている学生、ジュリアン・ヘスペンハイドは、リズムをベースにした曲をつくることに興味があると言う。
すべての曲に共通するのは、人間と機械の意図との相互作用からできた作品であるにもかかわらず、どの曲もとても非人間的に聴こえるということだ。
                 
アルゴリズムで音楽を奏でる次世代「ロボットオーケストラ」WIREDより
posted by アトムペペ at 10:51 | 変り種ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Siri(シリ)」を物理的に動かすロボット

Siriを物理的に実現したロボットが話題だ。その名も『Sole(ソレ)』で、音声認識で立ち上がり自らタップ、そして文字入力などを行うと言う優秀なロボット。実際にメモ帳に話した通りにフリックで文章を入力する機能もあり、何かと便利そうである。

3Dプリンターで作ったこの『Sole』は全て自作。文字入力だけでなく地図の案内も行ってくれる優秀なヤツ。ちなみに立ち上がりの言葉は「ヘイ!ソレ」である。
AolNEWSより
posted by アトムペペ at 10:47 | 変り種ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春節のお祝い、540体のロボットが見事なシンクロダンス


中国の旧正月、春節(今年は2月8日)のお祝いで踊りまくるロボット、その数540体。さらにそれを撮影するためのドローン、29台。春節大型連休で、日本でも中国からの観光客の爆買が話題になっていますが、買い物だけでなく春節はなんでも大がかりでダイナミック。爆ロボットで爆ドローン!
                                  GIZMODOより
posted by アトムペペ at 06:38 | トイロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。