ロボットで楽しもう!

日本刀で完璧な居合斬りするロボット


 今、「YouTube」で世界中から絶賛されている動画がある。産業用ロボットメーカーの安川電機が公開した『YASKAWA BUSHIDO PROJECT / industrial robot vs sword master』だ。
 2015年6月の公開後、再生回数は560万回を超えている(16年2月現在)。海外メディアにも取り上げられており、その数はまだまだ増えるだろう。
 この動画は、産業用ロボット「MOTOMAN-MH24」が居合術家の町井勲氏と共に居合斬りに挑戦するという内容だ。安川電機の創立100周年を記念した「YASKAWA BUSHIDO PROJECT」の一環である。
「平成の侍」と呼ばれる町井氏は、修心流居合術兵法の創始者だ。日本刀を用いたパフォーマンスでは「居合千本斬り36分4秒」「据斬八太刀」「三分間速斬り252太刀」「最速テニスボール居合斬り」「6ミリBB弾居合斬り」の5つでギネス世界記録を保持している。
                               Business Journal より
posted by アトムペペ at 06:35 | 変り種ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工知能利用の自動運転デモ


こんにちは。Preferred Networksの自動運転チームです。

PFNは、2016年1月6日〜1月9日にアメリカのラスベガスで開催されたCES 2016でロボットの学習による自動走行のデモを行いました。これはPreferred Networksとトヨタ自動車様、NTT様との共同展示です。展示はトヨタ自動車様のブースの一部で行われました。

今回のデモで使用したロボットカーとステージは以下の様なものです。

ロボットカーの大きさ
縦幅43cm, 横幅20cmの車両を利用しました。
写真のようにシルバーのプリウスのカバーを付けました。car1
ロボットカーのモーター
左と右のタイヤにそれぞれモーターがついており、タイヤの回転の強弱を調整することで、車の速度と角速度を決めることができます。
ロボットカーのARマーカー
各ロボットカーの屋根にはユニークなARマーカーが貼り付けられています。ステージの真上に設置されているカメラでこれを撮影し、サーバー上で動いているシミュレータと同期を取ります。なお,強化学習の入力には車の位置は与えません(現実の問題では使えません。また位置情報が使えると問題はとても簡単になります。)。このARマーカーによる位置情報はライダーのシミュレーション、報酬計算のみに利用されます。

今回のデモの中で,学習で獲得された走行技術は人間が良いと思っている走行とは異なる場合があることがわかりました。例えば,ロボットカーは周囲を全て同時に集中して見ることができるため、前方向と同じように後方向にも躊躇なく移動します。そのため,交差点では車両間隔をあけるために後ろがあいているなら少し後ろに下がります。
今回のデモは実際の車ではありませんでしたが、人間よりもリッチなセンサを載せた車で、できるだけ早くより安全な走行を実現できるように研究開発を加速させていきたいと思います。
また、今回のCESデモ出展に関して、トヨタ自動車様とNTT様をはじめ、様々な方々からのご協力を頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。
                              Preferred Networksより抜粋
posted by アトムペペ at 06:40 | ロボットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来のロボットペットは『CHiP』


電子オモチャを開発する香港のWOWWEE社が開発した『CHiP』は、小型犬ほどのサイズをした白い愛らしいロボットワンコです。足の先に付いた可変型のキャタピラで、滑るフロアも毛足の長いカーペットの上もすいすい動きまわり、センサーで障害物を自動でよける機敏さも備えています。
「おすわり」や「ふせ」といったポーズをさせたり、かわいい声でないたり吠えたり、まるで本当のワンコみたいな動きをしてくれるので、ついついかまいたくなってしまいそう。実際に動きは本物のワンコをシミュレーションさせたものにしているのだそうです。
動きはスマホやタブレットでコントロールできるほか、専用の時計型コントローラーを使ってあらかじめプログラミングした動きをさせたり、専用のボールを使って遊ばせたりもできます。また、遊んでいくうちにどんどんパターンを学習して、食事の時間になると吠えたり、眠くなると自分で充電スタンドにもどったり、飼い主だけの『CHiP』に育ってくれるというのが大きな特徴なんだとか。
                           DIGIMONOより
posted by アトムペペ at 06:33 | トイロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害救助ロボットATLAS、掃除もこなす


2015年に開催されたDARPAロボティクス・チャレンジでは、災害救助用ロボットATLASをプラットフォームとした数々のロボットが災害現場を想定した課題に取り組みました。たとえば車の運転、がれきの除去、階段を登る、などなどです。でも我々がロボットにやってほしいことといったら、もうひとつ期待しているのは面倒な家事ですよね。でも今、ATLASがついに家事を学びつつあるんです。
ATLASをハウスキーパー化しているのは、DARPAロボティクス・チャレンジで2位に入賞したフロリダ大学人間・機械認知研究所(IHMC)です。彼らが少しずつATLASに家事を教えたおかげで、ATLASはもう、床を掃くことだってできるようになったんです。
脚立をたたんで、適切な場所に移動してから再度開くこともできます。
                                       GIZMODOより
posted by アトムペペ at 06:28 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパイダーマン風にドローンを捕獲するドローンの誕生


「ロボット鷹狩りプロジェクト」と名付けられたこちらのドローン。ミシガン工科大学のヒューマン・インタラクティブ・ロボティクス研究所(HIToLab)がつい先日特許を申請したもので、網を発射してドローンを捕獲、その飛行を停止させるというシステム(を備えたドローン)。
              GIZMODOより
posted by アトムペペ at 14:07 | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型プリウスの駐車アシスト機能が凄い!


ロボットカーとは言えませんがIPA(インテリジェント・パーキング・アシスト)がすごいです。

新型で採用したIPAは、ボディを囲むように装着されるソナーを用いる方式となった。そもそも駐車時に障害物を検知して警告音を鳴らすために使っていたこのソナーを用いて、車庫入れや縦列駐車での空きスペースを探すのだ。

詳しい操作は動画を参照していただければと思うが、車庫入れの場合は開いているスペースの前で停車して、ハンドル右にあるIPAのボタンを押せば、あとはガイダンスに従ってアクセル・ブレーキ操作だけ行えばハンドル操作はクルマの側が行ってくれる。しかもユニークなのは、車庫入れ時には左右に駐車するクルマとの間隔が均等になるように止め直すことまでしてくれること。
                                Yahooニュースより
posted by アトムペペ at 18:02 | ロボットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紙細工ロボの華麗な腕さばきを見よ



恐ろしく早いカッティング、みんな見逃さないでね。

近頃はロボットが進化して人工知能を搭載して人類に取って代わる、なんてシナリオが結構まじめに議論されていますが…、それ、あるかもしれません。

上の紙細工を作るロボットの手さばきを見てください。そして、人間と変わらない正確性でハサミを操り、美しい雪模様の紙細工を作るロボットを目撃してください。みなさん、このロボットに勝てる自信はありますか?
                      GIZMODOより
posted by アトムペペ at 12:00 | 高速ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアルな「ネコロボット」を本物のネコに見せてみたリアクション動画



動きはちょっとぎこちないものの、鳴き声や見た目は本物のネコそっくりのロボット。ネコちゃんたちはこの不思議な存在がなんなのか分からないようで、周りをうろうろと歩いてみたり立ち止まってじーっと見つめてみたりと明らかに警戒した様子を見せています。そのうち近づいておそるおそるちょんっと触ってみたり、ロボットが突然動き出して盛大に後ろに飛び退いたりと、お茶目で笑えるリアクションが満載です。

                            ねとらぼより
posted by アトムペペ at 11:57 | 生物型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セグウェイがロボットになった!!



Segway Robotは、IntelのAtomプロセッサと3Dセンシング技術「RealSense」を採用しており、ロボットモードにすると連係するスマートフォンでリモート操作でき、障害物などをカメラで検知して避けながら動きまわる。
ホバーボードモードで横向きにしてある“顔”の部分を正面に向けると、シンプルながら表情が表示される。腕も追加できる。
顔に当たる部分の正面に各種センサーとカメラ、マイクが埋め込まれており、撮影もでき、話し掛けると反応する。また、顔の部分に画像や映像を表示することもできる。

 開発者キットには、Segway Robotの開発版とSDKが含まれ、キットを購入すると自動的に開発者プログラムに参加することになる。申し込みは日本からも可能だ。
                             ITmedia エンタープライズより
posted by アトムペペ at 11:50 | ロボットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を乗せて飛ぶ「巨大ドローン」がついに登場


シンガポール国立大学(NUS)の学生が、誰もが宙に舞えるマシンを開発している。自前の大きなドローンで飛ぶという、常識外れにも見える野望が、じわじわと実現に近づいているのだ。
 NUSの学生8人のチームは1年をかけて「スノーストーム」 という名の飛行機を試作した。デモ飛行は同国の法律に従い、室内で行われた。
発案者であるNUS講師のイエルク・ワイグルは、空を飛びたいという人々の夢をスノーストームでかなえたいと語る。「ジェット旅客機に乗っても飛んでいる感覚は味わえないが、スノーストームは、飛んでいる感覚を取り戻せるマルチコプターだ」
スノーストームは乗り込んで操縦できるだけでなく、遠隔操作も可能だ。環境にも配慮しており、リチウム充電池3本は太陽光で充電する。最新の試作品の搭載可能重量は70キロで、約5分間飛べる。座席には5本のベルトが付いた安全装具が取り付けられており、操縦者をマシンの中心に固定する。
チームメンバーであるNUSの学生、ワン・ユーヤオは、スノーストームには改良の余地があると説明。 「安全装置の強化や性能安定に加え、操縦をさらに簡単にしなければならない。構造の安定化やパワー強化も課題ではあるが、もっと重い人を乗せても大丈夫なように、いつでもモーターを追加することは可能だ」という。

                東洋経済ONLINEより
posted by アトムペペ at 09:53 | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。