ロボットで楽しもう!

組み立て式エンターテイメントロボット「MECCANOID(メカノイド)」2種 11月7日発売!

メカノイド
株式会社タカラトミー

日本初上陸! 六角レンチドライバー1本で120cmのロボットをイチから組み立て!
組み立て式エンターテイメントロボット 「MECCANOID」 2種 11月7日発売!
音声コマンド・専用アプリ・モーションキャプチャーでインタラクティブに遊べる!

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:H.G.メイ/所在地:東京都葛飾区)は、組み立て式人型ロボット「MECCANOID(メカノイド)」2種 〔希望小売価格 G15(ジージュウゴ) 30,000円/G15KS(ジージュウゴケイエス) 50,000円(税抜き)〕を、2015年11月7日(土)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」http://takaratomymall.jp/shop/等にて発売いたします。

 「MECCANOID (メカノイド)」 は、スピンマスター社(カナダ本社)が2015年よりイギリスを皮切りに発売を開始した組み立て式ロボットです。34種の音声コマンドを認識し、約900種の音声フレーズと動作を組み合わせてコミカルな反応をしてくれる全く新しい組み立て式ロボットです。一つひとつのパーツを組み立て、完成したロボットが心を持ったように動き出し話しかけてくれる瞬間の喜びを日本でも体験して欲しいと思い、タカラトミーがこの度日本で初めて発売することが決定いたしました。

 主なターゲットは30代〜40代の男性で、メカノイドのどこかノスタルジックなデザインと不器用でロボットらしい動きに哀愁を感じながら、最新のテクノロジーも楽しんでいただけます。約1,200種(小型サイズは約600種)以上もあるパーツを一つひとつ組み立て完成させた後、電源を入れると手足を使って動き出し、インタラクティブに遊べることが大きな特徴です。日本発売にあたり、全てのセリフやコマンド、機能を日本仕様に開発いたしました。
 今後、付属のUSBケーブルとパソコンをつなぎインターネット経由で音声プログラムの更新なども可能にしていく予定です。


■MECCANOID (メカノイド)の楽しみ方

1.まずはパーツを組み立てます。
 パッケージを開けると、約1,200種(小型サイズは約620種)以上のパーツやボルトが入っています。組み立てはすべて付属の六角レンチドライバー1本で行います。全長約61cmの「MECCANOID G15」は所要(目安)時間約3〜4時間、全長約122cmの「MECCANOID G15 KS」は5〜6時間で完成できます。メインターゲットは男性ですが、力いらずで簡単に組み立てができるため、女性でもスムーズに楽しんでいただけます。

2.完成したら電源を入れて初期設定をします。
 組み立てが完成して電源を入れると、大きな目、関節など各所のLEDが光り、手足をぎこちなく動かしながら「起動中、起動中、環境をスキャン中…生命体スキャン中…生命体を人間と認識」等と言います。「君の名前が知りたいな」と言われるので自分の名前を教えると「はじめまして○○(名前)。君が僕を作ってくれたんだね!」と覚えてくれ、コミュニケーションがスタートします。

3.音声コマンドや専用アプリ、モーションキャプチャー等でインタラクティブに遊べます。
 目覚まし機能や時間を知らせてくれる機能はもちろんのこと、音声コマンドで様々な指示ができます。「一緒に歩いて」と言い、手を引くと一緒に歩いてくれたり、「冗談を言って」というとくだらない話をしてくれたり。放っておくと暇を持て余し口笛を吹いたり、「日本には世界中のロボットの約半分があるんだって」「電気羊が一匹、電気羊が2匹、電気ひつじが…さんび…き…zZ」等独り言を言うとってもおしゃべりなロボットです。
 無料の専用アプリとBluetoothでつなぐと、手足の動きやLEDの光、音声を一連で覚えさせることができます。そのままスマートフォンをメカノイドのクレードル(スマホホルダー)にセットすると、自分の動きを真似させて遊ぶことができるなど様々な楽しみ方ができます。

 タカラトミーは1984年より次世代エンターテイメントロボット「Omnibot(オムニボット)」シリーズ を展開してきました。2014年に“ロボットがいる遊び心のある生活”をコンセプトに、本格的にロボットトイビジネスを再始動させ、やんちゃな仔犬型ロボット「Hello!Zoomer(ハロー!ズーマー)」や、おしゃべりに特化したともだちロボット「Robi jr.(ロビジュニア)」、2015年10月にはNTTドコモと共同開発したクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」を発売し、今後もおもちゃメーカーならではの遊び心ある家庭用ロボット市場を確立していきます。

 ロボットらしい不器用なしぐさや合成された音声、配線やモーター、たくさんのパーツで構成されたどこか懐かしいデザインのメカノイドは、組み立てる過程の楽しみも知っているプラモデルやホビー好きな日本の男性に向けて提案いたします。タカラトミーは今後も子どもからシニアまで幅広い年齢層に向けて様々なロボットを提案してきます。
                               dotより
タグ:メカノイド
posted by アトムペペ at 06:14 | トイロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは結構面白い 営業支援ロボ



森永製菓は9月1日、会話の間を埋めるロボット「バニラモナカ専用営業ロボ」を開発したと発表した。
同ロボットは、同社のチョコモナカジャンボの派生商品である「バニラモナカジャンボ」の販促PRの一環として企画されたもので、感音センサーにより会話の間を検知すると、「そうなっちゃいますよねぇ」「そう感じることは多々あります」などのコメントをランダムで発信するという。
開発の背景について同社は「全国の弊社冷菓担当営業にヒアリングを実施致したところ、流通様との商談において十分なパフォーマンスが発揮出来ていないことが判明。アンケートの結果、商談時の「間の取り方」に自信が無いという意見が多く、さらに、その中の約7割が、商談の最中に思わず仲間の助け舟を期待してしまうと考えていることが分かりました。」と説明。この事実を「真摯に捉え」そのソリューションとして、営業活動の最中に出来てしまう会話の「間」を埋めるロボットの開発を企画したのだという。
「バニラモナカ専用営業ロボ」は今後、実際に同社の営業活動の中で使用されるほか、プレゼントキャンペーンの賞品になるという。
                       マイナビニュースより
posted by アトムペペ at 06:09 | 変り種ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

These robots come to the rescue after a disaster

ted
Over a million people are killed each year in disasters. Two and a half million people will be permanently disabled or displaced, and the communities will take 20 to 30 years to recover and billions of economic losses.
0:30
If you can reduce the initial response by one day, you can reduce the overall recovery by a thousand days, or three years. See how that works? If the initial responders can get in, save lives, mitigate whatever flooding danger there is, that means the other groups can get in to restore the water, the roads, the electricity, which means then the construction people, the insurance agents, all of them can get in to rebuild the houses, which then means you can restore the economy, and maybe even make it better and more resilient to the next disaster. A major insurance company told me that if they can get a homeowner's claim processed one day earlier, it'll make a difference of six months in that person getting their home repaired.
1:21
And that's why I do disaster robotics -- because robots can make a disaster go away faster.
1:29
Now, you've already seen a couple of these. These are the UAVs. These are two types of UAVs: a rotorcraft, or hummingbird; a fixed-wing, a hawk. And they're used extensively since 2005 -- Hurricane Katrina. Let me show you how this hummingbird, this rotorcraft, works. Fantastic for structural engineers. Being able to see damage from angles you can't get from binoculars on the ground or from a satellite image, or anything flying at a higher angle. But it's not just structural engineers and insurance people who need this. You've got things like this fixed-wing, this hawk. Now, this hawk can be used for geospatial surveys. That's where you're pulling imagery together and getting 3D reconstruction.
2:14
We used both of these at the Oso mudslides up in Washington State, because the big problem was geospatial and hydrological understanding of the disaster -- not the search and rescue. The search and rescue teams had it under control and knew what they were doing. The bigger problem was that river and mudslide might wipe them out and flood the responders. And not only was it challenging to the responders and property damage, it's also putting at risk the future of salmon fishing along that part of Washington State. So they needed to understand what was going on. In seven hours, going from Arlington, driving from the Incident Command Post to the site, flying the UAVs, processing the data, driving back to Arlington command post -- seven hours. We gave them in seven hours data that they could take only two to three days to get any other way -- and at higher resolution. It's a game changer.
3:10
And don't just think about the UAVs. I mean, they are sexy -- but remember, 80 percent of the world's population lives by water, and that means our critical infrastructure is underwater -- the parts that we can't get to, like the bridges and things like that. And that's why we have unmanned marine vehicles, one type of which you've already met, which is SARbot, a square dolphin. It goes underwater and uses sonar. Well, why are marine vehicles so important and why are they very, very important? They get overlooked. Think about the Japanese tsunami -- 400 miles of coastland totally devastated, twice the amount of coastland devastated by Hurricane Katrina in the United States. You're talking about your bridges, your pipelines, your ports -- wiped out. And if you don't have a port, you don't have a way to get in enough relief supplies to support a population. That was a huge problem at the Haiti earthquake. So we need marine vehicles.
4:08
Now, let's look at a viewpoint from the SARbot of what they were seeing. We were working on a fishing port. We were able to reopen that fishing port, using her sonar, in four hours. That fishing port was told it was going to be six months before they could get a manual team of divers in, and it was going to take the divers two weeks. They were going to miss the fall fishing season, which was the major economy for that part, which is kind of like their Cape Cod. UMVs, very important.
4:37
But you know, all the robots I've shown you have been small, and that's because robots don't do things that people do. They go places people can't go. And a great example of that is Bujold. Unmanned ground vehicles are particularly small, so Bujold --
4:54
(Laughter)
4:55
Say hello to Bujold.
4:57
(Laughter)
5:00
Bujold was used extensively at the World Trade Center to go through Towers 1, 2 and 4. You're climbing into the rubble, rappelling down, going deep in spaces. And just to see the World Trade Center from Bujold's viewpoint, look at this. You're talking about a disaster where you can't fit a person or a dog -- and it's on fire. The only hope of getting to a survivor way in the basement, you have to go through things that are on fire. It was so hot, on one of the robots, the tracks began to melt and come off. Robots don't replace people or dogs, or hummingbirds or hawks or dolphins. They do things new. They assist the responders, the experts, in new and innovative ways.
5:47
The biggest problem is not making the robots smaller, though. It's not making them more heat-resistant. It's not making more sensors. The biggest problem is the data, the informatics, because these people need to get the right data at the right time.
6:03
So wouldn't it be great if we could have experts immediately access the robots without having to waste any time of driving to the site, so whoever's there, use their robots over the Internet. Well, let's think about that. Let's think about a chemical train derailment in a rural county. What are the odds that the experts, your chemical engineer, your railroad transportation engineers, have been trained on whatever UAV that particular county happens to have? Probably, like, none. So we're using these kinds of interfaces to allow people to use the robots without knowing what robot they're using, or even if they're using a robot or not. What the robots give you, what they give the experts, is data.
6:49
The problem becomes: who gets what data when? One thing to do is to ship all the information to everybody and let them sort it out. Well, the problem with that is it overwhelms the networks, and worse yet, it overwhelms the cognitive abilities of each of the people trying to get that one nugget of information they need to make the decision that's going to make the difference. So we need to think about those kinds of challenges. So it's the data.
7:19
Going back to the World Trade Center, we tried to solve that problem by just recording the data from Bujold only when she was deep in the rubble, because that's what the USAR team said they wanted. What we didn't know at the time was that the civil engineers would have loved, needed the data as we recorded the box beams, the serial numbers, the locations, as we went into the rubble. We lost valuable data. So the challenge is getting all the data and getting it to the right people.
7:50
Now, here's another reason. We've learned that some buildings -- things like schools, hospitals, city halls -- get inspected four times by different agencies throughout the response phases. Now, we're looking, if we can get the data from the robots to share, not only can we do things like compress that sequence of phases to shorten the response time, but now we can begin to do the response in parallel. Everybody can see the data. We can shorten it that way.
8:22
So really, "disaster robotics" is a misnomer. It's not about the robots. It's about the data.
8:31
(Applause)
8:34
So my challenge to you: the next time you hear about a disaster, look for the robots. They may be underground, they may be underwater, they may be in the sky, but they should be there. Look for the robots, because robots are coming to the rescue.
8:51
(Applause)

100万人以上が、毎年災害で死にます。
250万人は永久に身体障害者になるか、追い出されます、そして、コミュニティは回復する20〜30年と何十億もの経済的損失をとります。
0:30
1日で最初の反応を減らすことができるならば、あなたは1000日または3年で全体的な回復を減らすことができます。
それがどのように働くかについて見ます?
最初の応答者が入ることができて、命を救うことができて、あるどんな氾濫危険でも減らすことができるならば、それは他のグループが水、道、電気を元に戻すために入ることができることを意味します、そしてそれは、手段、それからすべて彼らの建設人々(保険代理店)は家(それから、それはあなたが経済を復活させることができることを意味します)を再建して、多分次の災害によりよくてより強くしさえするだろうために入ることができます。
主要な保険会社は、彼らが住宅所有者の主張をある日早く処理してもらうことができるならば、彼らの家を修理してもらっているその人で6ヵ月の違いを生じると私に話しました。
1:21
そして、そういうわけで、私は、災害 ― ロボットが災害をより速く去らせることができるので ― ロボティックスをします。
1:29
今は、あなたはこれらの一組をすでに見ました。
これらは、UAVsです。
これらは、2種類のUAVsです:
回転翼航空機またはハチドリ;
固定翼であるもの、タカ。
そして、彼らが2005 ― ハリケーン・カトリーナ ― 年以降、広範囲に使われます。
このハチドリ(この回転翼航空機)がどのように働くかについて、あなたに教えさせてください。
構造エンジニアのために素晴らしい。
あなたが地面の双眼鏡から、または、衛星画像から得ることができない角度またはより高い角度で飛んでいる何からでも損害を見ることができること。
しかし、それは、これを必要とするちょうど構造エンジニアと保険人々でありません。
あなたは、これのようなものを固定翼にしました、このタカ。
現在、このタカが、地球空間的調査のために使われることができます。
それは、あなたがイメージを引き合わせていて、3D再建を得ているところです。
2:14
大きい問題が災害 ― 検索でないと救出 ― の地球空間的で水文学理解であったので、我々はワシントン州でOso泥流でこれらの両方とも使い果たしました。
捜索救助隊は順調にして、彼らが何をしているかについてわかっていました。
より大きい問題はその川でした、そして、泥流は彼らを絶滅させるかもしれなくて、応答者に殺到するかもしれません。
そして、そうであるだけでした応答者と物的損害に挑戦しているそれ、それはサーモン釣りの将来もワシントン州のその地域に沿って、危険にさらされているようにしています。
それで、彼らは、何が起きていたか理解する必要がありました。
アーリントン指揮所に車で戻って、データを処理して、事件指揮所から、UAVsを飛ばして、サイトまで車で行って、アーリントンから行って、7時間−7時間。
我々は、彼らが他のどの方法も得るためにわずか2〜3日に持っていくことができた ― そして、より高い決議で ― 7時間のデータで、彼らを与えました。
それは、画期的なものです。
3:10
そして、ちょうどUAVsについて考えないでください。
つまり、彼らはセクシーです−しかし、思い出してください。世界の住民の80パーセントは水で生きます、そして、それは我々の重要な基盤が水中にあることを意味します−我々が着くことができないパーツは橋などに合います。
そして、そういうわけで、我々は海の車両(それの1つのタイプにあなたはすでに会いました)から乗組員を奪いました。そして、それはSARbot(四角いイルカ)です。
それは水中に行って、ソナーを使用します。
さて、なぜ、海の車両はそれほど重要ですか、そして、なぜ、彼らはとっても重要ですか?
彼らは見落されます。
日本の津波 ― 全く荒廃して、沿岸地帯の量の2倍アメリカ合衆国でハリケーン・カトリーナによって荒廃する400マイルの沿岸地帯 ― について考えてください。
あなたは、橋、パイプライン、港について話しています ― 一掃される。
そして、港を持っていないならば、あなたには人口を支えるのに十分な救援物資を入れる方法がありません。
それは、ハイチ地震の大きな問題でした。
それで、我々は海の車両を必要とします。
4:08
すぐに、彼らが見ていたもののSARbotから、視点を見ましょう。
我々は、漁港に取り組んでいました。
4時間で、我々は彼女のソナーを用いてその漁港を再開することができました。
その漁港は彼らがダイバーの手のチームを入れることができる前に、それが6ヵ月になったと話されました、そして、それはダイバーには2週かかりそうでした。
彼らは落下釣りシーズン(それはその部分のための大きな経済でした)を逃しそうでした。そして、それは同じ彼らのケープコッドの種類です。
UMVs(非常に重要な)。
4:37
しかし、あなたは知っています、私があなたに見せたすべてのロボットは小さかったです、そして、それはロボットが人々がすることをしないからです。彼らはあちこち行きます。そして、人々は行くことができません。
そして、それの大きな例は、ビジョルドです。
車両が特に小さいという無人の根拠、それで、ビジョルド−4:54(笑い)は、4:55にビジョルドに挨拶します。
4:57
(Laughter)
5:00
ビジョルドが、塔1、2と4を通り抜けるために、世界貿易センターで広範囲に使われました。
あなたは粗石に登っています。そして、下ってrappellingします。そして、スペースで深くなります。
そして、ちょっとビジョルドの視点から世界貿易センターを見るために、これを見てください。
あなたは人または犬に合うことができない災害について話しています−そして、それは燃えています。
地階で生存者方法を始めることで唯一の望み、あなたは、燃えていることを行わなければなりません。
ロボットの1台で、トラックが溶けて、とれ始めたくらい暑かったです。
ロボットは、人々または犬に代わりません、またはハチドリまたはタカまたはイルカ。
彼らは、新しいことをします。
彼らは、新しくて革新的な習慣にあたり、応答者(専門家)を支援します。
5:47
しかし、最大の問題は、ロボットをより小さくしていません。
それは、彼らをより耐熱にしていません。
それは、より多くのセンサーを製造していません。
これらの人々が正確な時間に正常なデータを得る必要があるので、最大の問題はデータ(情報科学)です。
6:03
そして、我々がすぐに専門家にサイトまで車で行く時間を浪費しなければならないことなくロボットにアクセスさせることができるならば、それも大きくないだろうので、そこにいる人は誰でもインターネットについて彼らのロボットを使います。
さて、それについて考えましょう。
地方の郡で化学電車脱線について考えましょう。
専門家、あなたの化学エンジニア、あなたの鉄道輸送エンジニアがその特定の郡が偶然あることが起こるどんなUAVの上ででも訓練された確率は、何ですか?
おそらく、決してでなく、好きにしてください。
それで、彼らがどんなロボットを使っているかわかっていることなく、または、たとえ彼らがロボットを使っているとしても、我々は人々がロボットを使うのを許すためにこれらの種類のインターフェースを使用しています。
ロボットがあなたに与えるもの(彼らが専門家に与えるもの)は、データです。
6:49
問題は、以下に似合います:
誰がどんなデータを得ます。そして、いつ?
1つの行為は誰にでもすべての情報を送ることになっていて、彼らにそれを整理させることになっています。
さて、つまりそれに関する問題はネットワークを圧倒します、そして、更に悪いことに、差が生じそうである決定をすることは彼らが必要とするその唯一の良い情報を得ようとしている人々の各々の認識能力を圧倒します。
それで、我々はそれらの種類の挑戦について考える必要があります。
それで、それはデータです。
7:19
世界貿易センターに戻って、それがUSARチームが彼らが望むと言ったことであるので、彼女が粗石で深かった時だけ、我々はちょうどビジョルドからデータを記録することによってその問題を解決しようとしました。
我々がその時に知らなかったものはそれでした。そして、土木技師は好きでした、我々が箱ビーム、シリアル番号、場所を記録したので、データを必要としました、我々が粗石に入った。
我々は、価値あるデータを失いました。
それで、挑戦はすべてのデータを得ていて、正しい人々に渡しています。
7:50
現在、もう一つの理由は、ここにあります。
我々は、若干の建物 ― 学校、病院、市役所のようなもの ― が反応段階を通して異なる機関によって4回視察されるということを知りました。
現在、我々は見ています、我々が共有するロボットからデータを得ることができるならば、我々がする缶だけでなく、似ているものは応答時間を短くするために段階のそのシーケンスを圧縮します、しかし、現在、我々は平行に反応をし始めることができます。
誰でも、データを見ることができます。
我々は、そのように、それを短くすることができます。
8:22
とても本当に、「災害ロボティックス」は、誤った名称です。
それは、ロボットについてでありません。
それは、データについてです。
8:31
(Applause)
8:34
それで、あなたへの私の挑戦:
あなたが災害について聞かされる次のとき、ロボットを探してください。
彼らは地下にいるかもしれません、彼らは水中にいるかもしれません、彼らは空にいるかもしれません、しかし、彼らはそこにいなければなりません。
ロボットが救出に来ているので、ロボットを探してください。
8:51
(Applause)
posted by アトムペペ at 06:05 | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロボット掃除機「ルンバ」のiRobot、米海軍に軍用ロボットを納入へ


http://media.irobot.com/video/1536/148657_iRobot_110_FirstLook_overview.mp4
iRobot 110 FirstLookは、戦場などの過酷かつ危険な現場で、状況を把握したり何らかの遠隔操作をしたりするための小型軍用ロボット。
 16フィート(約4.9m)の高さからコンクリートの床に落とされても正常に動き、水深3フィート(約0.9)でも機能する。大きさは長さ10×幅9×厚さ4インチ(ほぼ長さ25×幅23×厚さ10cm)で、重さは5ポンド(約2.3kg)。
窓やドアから部屋のなかに投げ込んだり、塀の反対側に投げ入れたりして使えるので、「Throwbot」(投げられるロボット)とも呼ばれる。カメラや暗視スコープ、マニピュレータなどが装着可能で、兵士が離れた安全な場所からさまざまな作業をする際に投入される。
                            CNET JAPANより
posted by アトムペペ at 17:11 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二足歩行ロボットがついに森デビュー!歩き方がまるで忍者


片足の状態で重い球をぶつけられても、手のようなものを動かして平衡を保ち決して倒れることはない。
そして最後が森の中を分け入って行く姿。
倒木も転がり地面も平らではなく、多くの障害物があるにもかかわらずぐんぐん進んでいく。その姿はまるで忍者のようにも見える。

水圧方式で稼働する28か所のジョイント
「アトラス」には28カ所の水圧方式で作動するジョイント部分と、立体的に捉える視覚カメラがあり、それらがプログラムによって制御されバランスを保つことを可能にしているという。

そのプログラムは「Florida Institute for Human and Machine Interaction」の研究者たちが開発。彼らによればチーターのスピード、馬のような耐久性、サルのような身軽さ、人間のような多様な動きを目指して作り上げたそうだ。

また3.7キロワットのリチウムイオン電池のバッテリーパックを内蔵しており、立ったり移動したり、道具を使ったり他の動作をしたりして、1時間近くも稼働できる。

確かにこれはかなり人間に近い動きをしている。今後もこれに負けない、さらに進化したロボットが登場することを期待したい。  
                       IRORIO(イロリオ)より
タグ:アトラス
posted by アトムペペ at 17:03 | 人型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電通ベンチャーズが始動、MIT発のロボットベンチャー「Jibo」に3.6億円の出資

Jiboはマサチューセッツ工科大学(MIT)教授のシンシア・ブリジール博士が立ち上げた、ソーシャルロボット「Jibo」を開発するスタートアップだ。ソーシャルロボットと言ってもピンとこないかも知れないが、音声や感情認識、自然言語処理、機械学習といった技術を組み合わせ、さらにディスプレイや動作で感情表現もするロボットなのだそう。以下の動画を見てもらうのが分かりやすいだろう。まるでピクサーのアニメーションにも出てきそうなロボットだが、この動きはすべて2つの軸(つまり体のパーツはたった3つの部位で構成されている)で実現している。

                             TechCrunchより
タグ:JIBO
posted by アトムペペ at 15:12 | コミュニケーションロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Maker Fair Tokyo 2015レポ ドローンレースの映像有

Maker Fair Tokyo 2015レポ

海外のドローンレースの映像。この視点でのレース、迫力満点でしょ。
HMDの一人称視点で操縦するレーシングドローン(FPV RACING JAPAN)
Makers Fair Tokyo 2015レポ:中編
レーシングドローン全景。全体的に華奢なつくり。本体制御もレース仕様で、一般的なドローンと違って曲がる際の傾き角度の制御が入らないそう。1回転もできてしまう運動性と引き換えに、上手に飛ばさないと落ちるドローンでもある。
Makers Fair Tokyo 2015レポ:中編
不要なパーツが何もない、削ぎ落とされたパーツ設計がいかにもレーサーなムード。
 数ヶ月前に「スター・ウォーズのようなエアレースだ」と話題なったレーシングドローンによるレース映像。これはドローンレースという名称でとして確率している。

 機体の仕様はF1やMotoGPなんかのレース好きならドハマりそうな内容。
 まず軽量かつ運動性重視に振ったドローンに、カメラを搭載。このカメラは単なる映像撮影用ではなくて、Oculus RiftのようなHMDを装着して、ドローン視点で操縦するためのカメラになっている。このジャンルはFPV飛行(First Person View飛行)と呼ばれているそう。

 夏場のスキー場などクローズドなコースで競技し、スピードは80キロ近く出ることもある。カメラ映像の遅延を尋ねると「遅延はほぼありません」。遅延がないのは、アマチュア無線周波数帯のアナログ電波で飛ばすためだ。逆にいうと、ドローンレースを始めるには講習で取得できるアマチュア無線免許が必要ということになる。

Maker Fair Tokyo 2015レポ:中編
 価格は案外お安く、エントリーは本体が4万円ほど、カメラとHMDを足しても合計6万円ほどだとか。
 8月8日にはFPV RACING JAPANとしての初のドローンレースプレ大会を佐賀県天山リゾートで開催するとのこと。
週刊アスキーより
posted by アトムペペ at 15:06 | ドローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間型ロボット 頂上決戦 〜進化続ける夢の技術〜 2015/0709

人間型ロボット 頂上決戦 〜進化続ける夢の技術〜 2015/0709

人と同じように考え、行動する人型ロボット「ヒューマノイド」。ロボットの究極の形と言われながら、長らく実用化は非現実的だと見られてきた。しかしその流れが、大きく変わろうとしている。中心となっているのは、アメリカの軍事研究所「DARPA」だ。インターネットやGPSといった世界を変えるような技術開発行ってきたDARPAは、各国の企業や大学に参加を呼びかけ、ヒューマノイドの技術を競い合う世界大会を開催した。巨額の開発費を提供し、軍の調達に引き上げるなどして実用化を後押しし、“産業化”を狙っているとされる。3年がかりの世界大会は先月ついに決勝戦を迎え、世界の23チームがしのぎを削った。日本からは4チームが参加。要素技術は強いものを持ちながら、“産業化”への道筋をつけきれない日本勢は本番での弱さを露呈し、前評判の高さにも拘わらず、思わぬ苦戦を強いられる。最先端のロボットが相まみえるコンテストの決勝を通して、技術開発の最前線に迫るとともに、日本のロボット産業の未来を考える。

DARPA主催のロボットコンテストに産総研のHRP−2が参加
関節が30個あり誤差1cmで動作 個々の作業では人が操作指示する電波が数秒おきに遮断されロボットの自律性が問われる。
MITのヘリオスは、認知、行動、体のバランスを同時に計算でき自律性が高く、がれきを自らの判断で進むことができる。(ラス・テッドレイク MIT教授)
HRP-2はがれき歩行の最後で転倒し10位に終わり、東大チームも11位であった。
経済産業省 製造産業局長の黒田篤郎氏は危機感をつのらせる。
DARPAマネージャー ギルプラットさんは、こう語る。
屋外で活躍できる可能性が見えてきた。
産総研の金広文男さんは、自律性の開発の必要性を感じている。
大阪工業大学の本田幸夫教授はこう語る。
日本チームの開発期間は、10ヵ月しかなく他のチームは3年ほどかけている。HRP-2は12年前に開発されたもので逆に驚くべきこと。アメリカのロボットの重さは200kgもあるが日本のロボットは80kgしかなくモノづくりでは優っている。
今後、ターゲットを決めて使ってみて経験を積むことが大切である。
posted by アトムペペ at 09:48 | 人型ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タカラトミー公認巨大変形ロボ計画

リアル・トランスフォーマー実現へ タカラトミー公認巨大変形ロボ計画に心が濡れる

いま抱かれたいロボットNo.1である。

 変形ロボットプロジェクト『J-deite』(ジェイダイト)をご存知か。ブレイブ ロボティクス、アスラテック、タカラトミーの3社が協力してつくっている、全人類の夢をかなえるプロジェクトである。

 現行モデル『J-deite Quarter』はロボットモードで全高1.3メートル。バッテリーの最大出力は3kw、稼働時間は1時間。ロボットから自動車に変形する。こいつをさらに究極進化させ、全長3.5メートル、実際に乗れる『J-deite RIDE』を開発しようという壮大な計画がぶちあげられているのである。
                           週刊アスキーより
posted by アトムペペ at 10:18 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロボットの居合ビデオ 制作秘話

ロボットと"平成の侍"が魅せた「師弟対決」 - 話題の動画「YASKAWA BUSHIDO PROJECT」制作秘話
●ロボットの居合い切りに隠れた"師匠の教え"
−−MOTOMANの調整にはとても苦労されたとのことですが、映像では非常に鮮やかな剣技を披露しています。成功のきっかけは何だったのでしょうか?

阿部氏: :現場に町井さんが入ったことですね。最終的な微調整に町井さんが入っていただいてから、MOTOMANの剣技が成功する確率が上がっていきました。

−−MOTOMANの動きは町井さんの動きを解析したデータによるものですが、ご本人の目視と調整がさらに重要だったということですか?

阿部氏: :そうです。現場でも、(MOTOMANの刀の)入射の角度は、町井さんが気にして何度も調整してくださいました。

−−映像のストーリーとしては「人間とロボットの力比べ」と言った風に見えますが、実際には町井さんもMOTOMANの成功のために尽力されていたんですね。

阿部氏: 本当に切れなくて困っていたので、町井さんには助けていただきました。また、チームの中でも、完全に対等な対決というよりは、師弟対決といった意識が強かったように思います。あまり強くそうした演出は入れていませんが、角度の調整など町井さんがロボットに「教えている」場面も入っていますし、MOTOMANの剣技に、町井さんが「おまえ、なかなか頑張っているな」というような視線を送る場面もあります。

−−「師弟対決」という表現はとても素敵ですね。映像の中で、「四方切り」に始まり、「袈裟斬り」「切り上げ」と町井氏の剣技をロボットがなぞっていく様子は圧巻ですが、クライマックス直前の「水平斬り」のみ、ロボットの方が斬るオレンジの数が多くされているなど、高度な技にチャレンジし人間(町井さん)を圧倒しているように見えました。このような構成にした理由は?

阿部氏: ざっくばらんに言うと、「弟子がなかなかやる感じになってきた」というストーリーです。人間から学び、技が高まったことが分かるような見せ方にしています。そうは言っても、さやえんどうを水平に切る時も、町井さんが教えたことで切れるようになったという映像構成になっています。
          マイナビニュースより
posted by アトムペペ at 10:15 | 二足歩行ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。